日光男体山(栃木県)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

日時    令和2年7月19日(日) 

天候    晴れ

メンバー  おやぎとだんな

移動手段  自家用車 車中泊

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回は日光男体山へ。

本当は会津駒ヶ岳で優勝する予定だったんですが、前日の夫婦喧嘩により出発時間が大幅に遅れ1時間早く着く男体山へ行くことにしました😂(未登だったからよいのです)

 

f:id:yamacamHN:20200723210250j:image

今回はちゃんとカメラのガチャってするやつも持ってきました📷

 

本日のコース

男体山 / おやぎ🐐さんの男体山の活動データ | YAMAP / ヤマップ

f:id:yamacamHN:20200723222007j:image

 

二荒山神社の駐車場に駐車

登山者は道路沿いに駐車します🚗

日光二荒山神社中宮祠 宝物館
〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2484
0288-55-0017
Google マップ 

▶︎駐車料 無料

▶︎トイレ 無料ですが、トイレットペーパーは有料で、ひとつ100円です

f:id:yamacamHN:20200723210735j:image

▶︎入山料 大人1000円 子ども無料

f:id:yamacamHN:20200723212021j:image

ここで申請書を書きお金を払うと
f:id:yamacamHN:20200723212018j:image

お守りが貰えます🙌
f:id:yamacamHN:20200723212026j:image

(こういうお守りって置き場に困りませんか)

 

9:03 登山開始

f:id:yamacamHN:20200723212856j:image

 

神社っぽい階段を登り

f:id:yamacamHN:20200723212339j:image

山道に入っていきます。

しばらく(というかずっと)登り。

ほとんど平地がありません😂

運動不足の旦那はもうここでバテ気味。
f:id:yamacamHN:20200723212343j:image

3号目から4号目までは林道を進みます

ショートカットもあるみたいなんですが、道が見つからない🤔
f:id:yamacamHN:20200723212350j:image

 

山と道パンツ本当かわいい。

それにしても私黒い
f:id:yamacamHN:20200723212347j:image

 

久しぶりの青空、ほんっとに嬉しかった!!!


f:id:yamacamHN:20200723212720j:image

f:id:yamacamHN:20200723212716j:image

 

10:18 4号目 ここからが登山道です

f:id:yamacamHN:20200723212753j:image

とにかく階段や登りの連続😂

6号目あたりからは岩もチラホラ。

特別難しいところもなく、老若男女色んな方が登りにきてました!
f:id:yamacamHN:20200723213212j:image
f:id:yamacamHN:20200723213215j:image

 

8号目からは道が開けてくる
f:id:yamacamHN:20200723213220j:image

 

9号目を超えてくると足元がザレてくる。

f:id:yamacamHN:20200723213730j:image

中禅寺湖が一望!!!うれしい😂

 

13:54 登頂

神様がお出迎え

f:id:yamacamHN:20200723214151j:image

 

こちらが三角点

f:id:yamacamHN:20200723214351j:image

マスターソードも生えてた🙌

f:id:yamacamHN:20200723214649j:image

 

軽くご飯を食べて下山です。

ガスってきたのでそそくさと撤退。

f:id:yamacamHN:20200723214821j:image

ピストンで帰ります。

 

ここからが大変でした。

一応参考程度に書いておきます。

下山はじめてすぐ足が痛いと言い出した旦那。

吊ってしまったらしく休憩しながらゆっくりゆっくり降りていったんですが、4号目で林道を見た途端心がポキっと折れてしまい座り込んでしまいました。

もしかしたら下から道が通じてるかもしれないから車で迎えにきて欲しいと言われ、まずは社務所に電話。下から車で来られるか確認したところ、門が閉まっており工事用車両と救急車しか通ることが出来ないそう。

ここでガイドさんが電話に出てくださり旦那の状況と装備品を確認される。自力下山できない場合は(救急車呼ぶ場合は)3号目までに判断して欲しいと言われました。そこから先はdocomo以外は電話が通じないそうです。

 

膝をテーピングし、ロキソニンの湿布を貼り、旦那のザックごと私が背負い下山開始。ストック持ってきていたのもよかったのか、かなり時間は掛かりましたが下山することができました。(3号目、下山時にも社務所に連絡いれました)

男体山くらいならと思って旦那と一緒にきましたが、運動不足って本当に怖いですね…

神社の方にも心配お掛けして申し訳なかったです。

 

f:id:yamacamHN:20200723215820j:image

6号目で限界を迎えた旦那

 

18:08 下山

f:id:yamacamHN:20200723215919j:image

 

ザック2つ背負いしたのもあり、久しぶりに山で筋肉痛になりました。笑

 

 

そういえば先日平標山にもあったこの看板

男体山にもありました。

どういう意味なんだろう😂

f:id:yamacamHN:20200723220136j:image

 

越後駒ヶ岳(新潟県)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

日時    令和2年7月17日(金) 

天候    曇りときどき晴れ

メンバー  ソロ

移動手段  自家用車 車中泊

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

書いたブログが消えてて泣いているおやぎです

。゚(゚´ω`゚)゚。

 

先日、越後三山の最高峰越後駒ヶ岳に登ってきました🙌

中々玄人向けのお山でした(当社比)

 

前日、車中泊の準備をし、

f:id:yamacamHN:20200723072013j:image

がっつり仕事をしてから出発。

 

一度水戸に寄り、旦那とラーメン🍜

f:id:yamacamHN:20200723071829j:image

わたしはラーメンよりつけ麺派です

麺一直 ゆずが聞いてて美味しかった!

 

その後旦那と別れ新潟へ。

本当はそのまま駐車場へ行ってしまいたかったのですが、眠気がピークを迎えてしまった為、谷川岳PAでがっつり仮眠をとりました💤

 

4:00 枝折峠到着

枝折峠駐車場(しおりとうげちゅうしゃじょう)

 〒946-0305 新潟県魚沼市大栃山 樹海ライン https://goo.gl/maps/Ruo7exeK69sjVcFE7

▶︎駐車料金無料

▶︎トイレ有 綺麗 トイレの水は飲めません

▶︎自販機、飲料水はない為近くのコンビニでの補給が必要

▶︎有名な雲海スポットらしく、特に秋の紅葉シーズンはかなり混み合うそう。

 

朝焼けの雲海を望みながら一眠りし、

5:15起床

f:id:yamacamHN:20200723072254j:image

天気もヨシ!

 

5:45 登山開始

f:id:yamacamHN:20200723072947j:image

 

f:id:yamacamHN:20200723073107j:image

まだ綺麗な登山靴

 

f:id:yamacamHN:20200723073104j:image

尾根筋をひたすら辿っていきます


f:id:yamacamHN:20200723073111j:image

こんな木道も結構ある

 

f:id:yamacamHN:20200723073401j:image

割とずっと景色がひらけていて、登っていて気持ちがいいんですが、3時間半もこんな感じだと飽きてくる(´・∀・`)

変わらない景色。見えない駒ヶ岳。誰もいない登山道。無になって進んでゆく。笑

そしてアップダウンがとても多いです。15.6回は登って下りてしたかな…

下山の時やだなぁなんて思いながら歩いていると

 

目の前に突如現れた越後駒ヶ岳

f:id:yamacamHN:20200723073725j:image

ここまでくれば小屋までもうすこし!

 

小屋のすぐ下には岩場が有ります

f:id:yamacamHN:20200723074215j:image
f:id:yamacamHN:20200723074218j:image

難しい岩場ではないです。

 

せっせと登っていき、駒の小屋到着🙌

9:05

f:id:yamacamHN:20200723074454j:image

上のガラス割れてる

 

土日祝日は小屋番の方がいて、バッジの販売を行ってくれるそうですが、平日だった為ここでは購入出来ず。

ただ小屋の脇を通り抜けるときにお兄さんに呼び止められ、登山者名簿に記名をしました。コロナ対策なのかな??

小屋の外には水場もあり、水分の補給もできました。

 

山頂に向けて歩いていると

f:id:yamacamHN:20200723074945j:image

まさかの雪渓が

アイゼンもチェーンスパイクも必要なく、キックステップで登れましたが慣れてないと怖いかも。

 

f:id:yamacamHN:20200723075135j:image

雪渓の上を歩いてみましたが、山頂に行ける道を見つけることができずUターン

 

9:25 越後駒ヶ岳登頂

f:id:yamacamHN:20200723075451j:image 

 

無事登頂!眼下には八海山や魚沼平野が一望できます。

f:id:yamacamHN:20200723075916j:image

いい眺め。

 

行動食を食べながらすこし休憩し、下山開始。

来た道を戻って行きます。

 

f:id:yamacamHN:20200723080216j:image

字体がかわいい

 

f:id:yamacamHN:20200723080326j:image

小屋までの道を臨む

こういう道だいすき

 

f:id:yamacamHN:20200723080417j:image

これ、下山道ですってよ


f:id:yamacamHN:20200723080414j:image

謎の卵も発見

 

行きに下った分、帰りは登らなきゃいけないわけで。なかなかきつかった・・・

駐車場が見えた時は本当に嬉しかったなぁ

 

12:40 下山

f:id:yamacamHN:20200723080739j:image

見事に泥んこ🙌

 

f:id:yamacamHN:20200723080850j:image

着替えてヨーグルト飲んで速攻帰宅💨

 

100名山バッジを集めているんですけれども、小屋では購入出来なかった為、最寄りの小出IC近くの道の駅に寄ってみました。


f:id:yamacamHN:20200723081109j:image

f:id:yamacamHN:20200723081113j:image

道の駅 ゆのたに 深雪の里

〒946-0075 新潟県魚沼市吉田1148 025-792-9300 https://goo.gl/maps/thm5wQT8Kyp9dSXD8

 

物産店に行けばあるだろうと思いましたが見当たらず、店員さんに聞いてみると、インフォメーションに売っていると教えてくれました。

 

同じ敷地内のインフォメーション

f:id:yamacamHN:20200723081409j:image

が、中に入ってもどこにもない。

案内のお姉さんに、バッジが売ってるって聞いたんですけどありますか?と聞くと、奥の部屋から持ってきてくれました。

声を掛けないと買えないコミュ症にはちょっとキツいシステム。笑

 

f:id:yamacamHN:20200723081558j:image

500円

小屋で買うものと同じものだそうです。

手拭いなどはないそう🙏

無事購入できて一安心。

 

100名山でも小屋ないところはバッジ買えないところ多いよね。韓国岳のバッジは買えなくて未だに後悔してる(´・ω・`)

 

越後駒ヶ岳、いいお山ではあったけどしばらくいいかなぁ。笑

越後三山、残りの中ノ岳と八海山も是非登ってみたいです!

 

平標山(新潟県)1984.8m

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

日時    令和2年7月5日(日) 

      6:00~15:00

天候    虚無ときどき晴れ

メンバー  わたくしおやぎと筑波山で運命の出会いをしたくもとりさん

移動手段  自家用車

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

5:00 私たちは平標山登山口駐車場にいました。

最近ついったランドでよく見かけていたのもあり、混み合うかな?とも思いましたが、この時間でかなり余裕がありました。

ちなみに料金所は無人で、車を出すときにお金を取られました(確か600円)

f:id:yamacamHN:20200710221023j:image

テンクラはA

その他の天気予報サイトをみても雨雲ひとつない筈でした。なんという虚無でしょう。

 

半ば気持ちは折れかけましたが、まあ登っていきます

 

本日のコースはこちら!

f:id:yamacamHN:20200710221250j:image

松手山を経由して稜線を楽しみ、平標山を目指すルートです。松手山まで急登続きとのことだったので不安だったのですが、思ったほどではなかったかな?

ただ、前日の雨でかなり道がぬかるんでいて、滑りやすかったです。

f:id:yamacamHN:20200710221855j:image

もうどろっどろ。

足首まで浸かるところもありました

 

他の方のブログをみると、鉄塔までは頑張って!と書いてあったのですが、肝心の鉄塔が見えない😂

 

必死で階段を登っていくと突如現れた鉄塔

f:id:yamacamHN:20200710222124j:image

まるでサイレン

 

f:id:yamacamHN:20200710222510j:image

虚無のせかいへようこそ

 

ぽつりぽつりと雨が降り始め、今日はもう晴れないのではないかと思いながら歩いていると、いつの間にか松手山に到着

 

7:51 松手山到着

f:id:yamacamHN:20200710222816j:image

 

ここまでくると雲も薄くなり始め、

なんと雲海が!

f:id:yamacamHN:20200710223726j:image

きゃーきゃーうるさいわたしたち。笑

 

いくはずだった仙ノ倉山は雨で早々に諦めていた為、ここからはのんびり写真を撮りながら歩いていきました

 

稜線たまらん

f:id:yamacamHN:20200710224150j:image
f:id:yamacamHN:20200710224200j:image
f:id:yamacamHN:20200710224146j:image
f:id:yamacamHN:20200710224216j:image

 

お花もたくさん咲いてたよ
f:id:yamacamHN:20200710224204j:image
f:id:yamacamHN:20200710224153j:image
f:id:yamacamHN:20200710224156j:image
f:id:yamacamHN:20200710224211j:image

 

 

そんなこんなで平標山到着

10:15

f:id:yamacamHN:20200710224542j:image

 

f:id:yamacamHN:20200710224703j:image

とても好みな階段を降りていく

 

 

平標乃家に到着

f:id:yamacamHN:20200710224746j:image

 

ここでお昼を食べます

今日は

・豆乳ホタテチャウダー

・トースト

・ウインナー(の予定だったが忘れた)

 

f:id:yamacamHN:20200710224844j:image

材料はこちら

豆乳 2パック

貝柱の缶詰め

冷凍ほうれん草

チーズ

ブラックペッパー

コンソメスティックタイプ 2本(使ったのは1.5本分)

 

作り方

材料チーズ以外を全部鍋に入れる

ぐつぐつするまであっためる

チーズ入れる

パセリ散らす(重要)

f:id:yamacamHN:20200710225449j:image

パンを焼く

f:id:yamacamHN:20200710225455j:image

以上。笑

ホタテの出汁がでててとっても美味しい💓

f:id:yamacamHN:20200710225526j:image

山飯とも言えないほど簡単だったけど、

喜んでもらえて良かった!

オピネルのナイフは飾りのためもってきました

 

ゆっくりご飯を食べて下山。

f:id:yamacamHN:20200710225645j:image

下りると晴れるの法則

 

15:00 駐車場着

 

念願の平標山。

今度は晴れの稜線を歩きたいなと思いました

ただ、霧は霧でとてもよかった!

また行きたい山です☺️

 

くもとりさん、お写真ありがとうございました

使わせていただきました。

 

 

ちなみに、旦那と共有ブログだったこちらですが、わたくしおやぎが乗っ取りに成功した為こちらにてご報告致します。

これから更新がんばります、、、

 

 

食と神話の地 宮崎へ

みなさん、宮崎県って行ったことありますか?

どんなイメージを持っていますか?

 

 

チキン南蛮?こっちでも食べられるし・・・

ご当地ラーメンもパッとしないし・・・

観光地もそんなに無さそう・・・

楽しみなのはキャンプくらいかな~

 

 

そんなイメージをもっていた私たち。

(宮崎県民の皆さんごめんなさい)

正直、宮崎県を舐めていました・・・

 

 

ソフトバンクホークスファンの私たち夫婦。

1度はキャンプにいってみたい!

選手を近くで見たい!!

サインが欲しい!!!

そんなよこしまな気持ちで決めた宮崎旅行。

予約は旦那にお任せし、私はプラン担当。

せっかく九州に行くなら近くの山も登りたいな~

そういえば韓国岳近かったな~

そんなノリで行動した結果、こんな3日間になりました。

お金のことなども一緒にのせてみますね。

 

 

1日目

7:30  成田空港から宮崎空港へ 約2時間 

      (往復2名92240円追加機内持ち込み手荷物料金2840円込)

      (今回はジェットスターを利用しました)

9:30  宮崎空港

9:58  宮崎空港から宮崎駅行きのバスに乗って移動(450円/1人)

10:30 宮崎駅

      ホテルで荷物の整理・預け入れ

11:20 宮崎駅からキャンプ地へ移動(340円/1人)

      (臨時直行便が出ています。普通のバスに乗るよりも100円程安い)

11:35 キャンプ地到着

15:50 キャンプ地発宮崎駅行バスに乗る (340円/1人)

      ホテル着 チェックイン (リッチモンドホテル 2名2泊29000円)

17:00 粋仙にて夕食 

19:00 ホテル着

20:00 就寝

      (前日徹夜で荷造りしたので疲れて撃沈でした)

 

8:00  レンタカーを借りる(1泊2日 16830円補償込)

8:30  おくのうどんで朝食

11:25 高千穂峡到着・観光

14:30 レストハウス雲海橋で昼食

15:30 天岩戸神社

17:00 高千穂牛レストラン 和

20:20 元祖桝本 辛麺

21:00 明日の行動食購入

      ホテル帰着(パーキング 700円)

23:00 就寝

 

4:00  起床

      準備・荷造り

5:50  出発 韓国岳

7:30  大浪池登山口到着

8:00  登山開始

12:00 下山

14:00 宮崎空港 レンタカー返却(ETC代5,370円 計22,200円)

      おみやげ購入

      ガンジスカレー

16:20 成田空港へ (駐車料金 第2北駐車場 4200円)

 

こうやって思い返すとバタバタな3日間。

やりたいことできて大満足でした◎

 

詳しくは

・食事編

・観光編

韓国岳

3つに分けて書いていきたいと思いますー!

 

 

あんまんバターサンド

記念すべき記事第1号!

最近2人でまともに出かけていないのでネタがない...

 

本当は今日は私は友人と丹沢へいく予定でしたが首を痛めてしまった為延期させてもらい2人で家にいることに。

暇だね~ということで、twitterで話題のあんまんバターサンドを作ることにしました。

 

用意するものはこれ!じゃん!

 

f:id:yamacamHN:20200211122805j:plain

 

①あんまん(今回はスーパーでみつけたこしあん

②バター

③テーブルが汚れないように遮熱シート

④バーナー(我が家はスノーピークギガパワーストーブ)

⑤なくなりかけのガス缶

⑥ホットサンド(chums ホットサンドメーカー

⑦ひっくり返すときに油を逃がすための小皿(載せ忘れ)

 

f:id:yamacamHN:20200211121947j:plain

 

本日は私ツマが首を負傷しているため、オットが調理を頑張るそうです。

まずは組み立てます。

このバーナーは基本私が持ち歩いているため、悪戦苦闘しながらもなんとか装着。

試しに火をつけてみる念の入れようです。

 

f:id:yamacamHN:20200211121951j:plain

 

バターをむにゅーっとだします。

多めがおいしいとのことだったので、遠慮なく使います。

(あんまんに直接バターを塗ったほうがおいしいって投稿もありました)

 

f:id:yamacamHN:20200211121957j:plain

 

その上に白くてつやつやなあんまんをそっとおきます。

 

f:id:yamacamHN:20200211122000j:plain

 

やさしく挟んで、弱火にかけます。強火だと焦げ付くこともあるとか。

 

f:id:yamacamHN:20200211122009j:plain

 

バターが溶けてきました。

両面1分30秒ずつ焼きました。

私はもうちょっと焦げてるほうが好みですが、食べる人の意思を尊重しました。笑

 

f:id:yamacamHN:20200211122054j:plain

 

ぱかーーーん!!!きれい!!!おいしそう!!!!

我慢できず強く挟み込みすぎて、割れてしまいました。

 

f:id:yamacamHN:20200211122102j:plain

 

入れておいたコーヒーと一緒に。

 

f:id:yamacamHN:20200211122108j:plain

 

サクッサクッって音がする…

 

f:id:yamacamHN:20200211122116j:plain

 

断面、上手に出来ず。汚い。笑

 

ツマ 「どう?」

オット「おいしかった」

 

f:id:yamacamHN:20200211122123j:plain

ごちそうさまでした。

 

ひっくり返すときの油の処理をどうにかして、是非山頂で食べたい!

あつあつさくさくで、あまじょっぱい感じ。

コーヒーとの相性はばっちり!!

とのことでした。(ツマ糖質制限中の為食べられず)

 

みなさまも是非~!

 

はじめましての自己紹介

山に登ったり、キャンプをしたり、旅行をしたり、

のんびりまったり過ごす夫婦のブログです。

 

オット 30歳。神経質で几帳面。腹痛常習犯

    日々激務と戦う社畜戦士。

    

ツマ  27歳。大雑把。大体勢いで生きてる適当人間

    万年ダイエッター。体はかなり丈夫

 

結婚して3年目。

ツマの山登りにオットがいやいや着いて行ったり、

2人で車中泊しながら旅行をしたり、

キャンプをしたり、おいしいものを食べたり…

夫婦での日常を少しずつ綴ります。

少しでもタメになるようなブログを目指します。

がんばります